一戸建てを
借りよう

 家売却の査定から引き渡しの手続きまでの流れは、基本的には
不動産会社の担当者のアドバイスに従っていれば大丈夫です。

憧れ

説明が上手で、人柄も良く、親身になって相談にのってくれるような担当者だと、安心できます。

家を売るための査定をしてもらった後、契約をする不動産会社を決めますが
査定額は1つの目安に過ぎないので、総合的にメリットがある不動産会社を選びましょう。

媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の
3種類がありますが、特に理由がなければ専任媒介契約を選んでおくのが良いでしょう。

一戸建て

一般媒介契約では業者側にリスクがあるので、販売活動のためのコストを
節約されてしまう恐れがあります。

リフォームをするかどうかで迷う人がいますが、担当者とも相談をしながら、よく考えて行いましょう。

現在はリフォームの種類もさまざまであり、必ずしも購入希望者の
希望に合ったリフォームになるとは限りません。

基本的には、そのままの状態で売りに出して、リフォームは購入者に任せるのが良いでしょう。

しかし、あまりに汚い場合には、小規模なリフォームをしたほうが売れやすくなることもあります。
家を売る時には、自分でなんでも調べてできるという人ならば別ですが、
多くの人は不安があると思われるので、しっかりとサポートをしてくれる
担当者がついてくれる不動産会社を選ぶようにしましょう。

価格査定の結果だけで不動産会社を選んでしまうと、失敗をしてしまうことがあります。

designed by 不動産賃貸でも一戸建てを借りる。