一戸建てを
借りよう

 査定から引き渡しまでの一連の家を売る手続きの流れの中には
取引の成否を左右するポイントがいくつもあります。

その中の一つといえるのが、媒介契約を結ぶ不動産業者の選定です。

家を売る際の不動産業者において理想なのは、高い値段で
購入してくれそうな人を早く見つけてきてくれるような業者です。

良い環境

まず、高い値段をつけてくれそうな業者を選定したいのであれば
一括査定を利用するのが有効です。

近年は、インターネット上から査定に必要な情報を提供することで、
複数の不動産業者から価格の提示を受けることができます。

示される価格は物件のデータのみを参考に出されたものに過ぎませんが、
業者間の価格を比較することで、訪問査定を依頼する
不動産業者を決める作業が捗ることは間違いありません。

借りる

一方で、購入希望者を早く見つけてくれそうな業者を見つけたいのであれば、
売却しようとしている家と同じタイプの物件の売買を仲介した実績が
どれくらいあるのかや、どの程度広いネットワークを持っているかなどを
見極めながら業者選びをすすめていくと良いです。

また、媒介契約の形態の選択の仕方も、取引を成功させるために重要なことです。

例えば、一般媒介を選択すると、複数の不動産業者に購入希望者を
探してもらうことも、自分で買い手を見つけてくることも両方できますが、
法令で課される義務が少ないことや、仲介手数料収入が
入ってくるとは限らないことから、取り組みが消極的になりがちです。

これに対して、専属専任媒介を選ぶと、依頼者は自分で買い手を見つけたり、
他の不動産業者に仲介を依頼すると違約金が発生しますが、
契約した不動産業者には依頼者への情報提供義務や、指定流通機構への
物件情報登録義務などが課される一方で、取引が成立した場合は
必ず仲介手数料が入ってきます。

媒介契約の形態は一長一短なので、持ち家の売却計画に
もっとも適したものを選びましょう。

designed by 不動産賃貸でも一戸建てを借りる。